2018年7月24日火曜日

世界のMIFUNE


嬉しくてたまらないです!!
我が家のMINOSUKEさんありがとう!

2018年7月23日月曜日

河田先生ありがとうございます

今日は思わぬ所で

チェルノブイリ救援・中部理事で分子生物学者の
河田昌東先生をお見かけした。

原発事故後、先生の講演を聞いたり文章を読んだりした事で
どれだけ冷静に危険と安全の判断が出来たか…
どうしてもそのお礼がしたくて、握手をしてもらった。

原発事故があった時、次男はまだミルクを飲んでる赤ちゃんだった
でもそこから日本は、世界は…?

今日私は河田先生にお会いした事を大切なきっかけにしたい。

http://www.chernobyl-chubu-jp.org/kessai.html
チェルノブイリ救援・中部のホームページ

2018年7月21日土曜日

嬉しいです!!

https://mobile.twitter.com/16qWovTwHbgcbLP/status/1020303838908112897?p=v

ダンナさんが炎天下に三船敏郎Tシャツを買いに行ってくれた…!
感謝を通り越して謝りたい。


嬉しい!着ます!!

2018年7月20日金曜日



若い時からの友達の絵本作家の石井聖岳いっしーと
10年ぶりくらいに会って
池袋でダンナさんと3人でゴハン

久しぶりに会ったらいっしーの日本人離れした容貌が
暑い国からヨーロッパあたりに移動していたのが興味深かった。(笑)

内田燐太郎さん作、いっしー画の
鳥ちゃんたちの羽毛がかわいい新作「とりづくし」
(しりとりが面白くてレンちゃんと何回も確認!)

ラフの絵の可愛さを活かす工夫や何枚でも描き直す事、
自己管理能力の話など…共感したり納得したり。
絵本塾の話も!あっという間に時間が過ぎました。


先月新幹線で出会って昔の映画の話で盛り上がった田中さんとご一緒に
(田中さんに「荒野の決闘」のDVDをいただいた♪)

シアターウエストでナイロン100℃「睾丸」観劇!
すごく面白かった…すごく好き、このお芝居大好き
後味悪いはずなのに、なぜか後味悪く無く
充実した気持ちでいっぱい。
出て来る人それぞれが、それぞれにしか無い魅力と、
手に負えない感じを発揮してて素敵だった!

そして、25年前の自分に今の自分が会ったら?
25年後の自分はどんなかと考える視点をもらいました。
25年前?ハッ、そうだ、まさしくいっしーと出会った頃だ…
わー!!

2018年7月12日木曜日

がんばれダンナさん

こないだダンナさん帰って来て
コクワガタを見て
「おっ!これが例のカブトムシ!
けっこうおっきい声で鳴くんでしょ!!」
とメチャクチャな事を言ってた。

…お疲れ様です!!(笑)

http://entre-news.jp/2018/07/52135.html

※楽しみなので↑こういったものを視界に入れないようにしている今日この頃です。

2018年7月6日金曜日

夫婦



ダンナさんが仕事が大変でもう一ヶ月も会ってないので
電話ではどんな一日を過ごしたかと聞くことで思いを共有したい私に対して
ダンナさんの方は一日の大半が仕事中なので
そこから解放されたくてあえて仕事の話をしたくないらしい。

その心理を聞くまでは
なぜいきなり
「お兄さんの奥さんが風邪をひいた話」や
「お姉さんの孫が水泳が得意な話
「お母さんのヘルパーさんの家族構成」
など「そうなんだ…」としか言いようが無い話を聞かされるのかといつも不思議に思っていた。

一昨日「お姉さんが安曇野へ行った話」から始まって
「お姉さんの友達が安曇野に移住して大変だと言っている」と展開して行った頃
さすがに私は「その話、どうでもいいんだけど…」と言った。
「あなたの話をしてくれませんか」と。

ダンナさんは自分の話はネガディブな内容になるので口に出さないようにしているのだ
しかし改めよう、と言った。

とたんにダンナさんは自分の話を始めるべく
「昨日お昼にカレーを食べて美味しかった」
と言った。
「これまたどうでもいい…」と失笑する私を無視して
狂気のようにカレーの話を続けていたダンナさんだった。

お疲れ様です…。

2018年6月26日火曜日

宮澤賢治のたからばこ


劇団そらのゆめ
http://soranoyume.com/
「宮澤賢治のたからばこ」

前から観たかった芝居の通し稽古
振替休日のレンちゃんと朝から見学させていただく。

なんてなんてなんて素敵な作品…
ああ…良かった〜と余韻に浸っています。
音楽も素敵。どこもかしこも素敵
あの注文の多い料理店、凄い。最高。何回でも観たい。

うちの小学校でも上演してくれないかなーー
何らかの手段で先生に売り込んでみよう…!!
きっと小学校の体育館で観終わって家に帰った子ども達も
今の私みたいな気持ちになるんだろうな。

皆さんレンちゃんに向けてお芝居してくれたのだけど
シャイシャイボーイのレンちゃんは緊張して
どんどん小さくなっていった。
そして舞台のいろいろを解体して
レンちゃんを車の荷台に積み込もうとするボケを
5回繰り返してもらった末にようやく心を開いていた。おそい。(笑)

ミチルさんのダメ出しカッコ良かった。
芝居の最中に蚊をしとめたアドリブに爆笑。
帰りにコクワガタの「小番頭くん」まで戴いてレンちゃん大喜び。
(虫嫌いの新人ミサちゃんも大喜び)
でもレンちゃんは看取りが辛いという理由で死にそうになったら番頭さんに返却しようとしている…