2010年11月18日木曜日

パタパタ

思ったより早めに病院に行く予定になりました


キリコちゃん、おじいちゃんの連載も
すこしお休みさせてもらうことに


赤ちゃんと退院するまでに
ネームを出しておくことにします


2010年11月15日月曜日

美輪さん音楽会

美輪明宏音楽会〈愛〉に行って来ました!

だいぶお腹が大きいので大丈夫かなと思って直前までチケットを買わなかったのですが

キョードー東海さんに予約の電話をしたら

当初は「通路近くなら四階席になりますが」と言われたのが

当日チケットを引き換えに行くと四階などの席は売り止めにして

二階の後ろの通路の近くで見やすい席を用意してくれていたので感激!

美輪さんが出て来る前からそれがありがたくて泣きそうな勢いでした


一部の舞台は毛利フジオさんの絵が背景になっていて

映画などでも憧れの昭和30年代のノスタルジックな日本の情景を感じられました

家に帰ってからもそのロマンチックな雰囲気が忘れられず

「アカシアの雨がやむとき」をビブラートでずっと唄ってしまいました

「このまま〜死んでしまいたい〜〜〜」

と震えながら唄うので息子に気味悪がられましたが。


一部の最後の曲で美輪さんが会場中に愛をバラまいて号泣してしまいました


休憩時間もひとり泣き濡れていたのですが

隣の女性二人組の会話の中で「ちょっとそのチラシ見せて」

「はいはい、チ〜ラシ〜寿司な〜〜ら♪」とサブちゃんのマネをするのが耳に入り

一気に夢から醒めました


二部はもう綺麗綺麗綺麗、なアールデコの絵を見てるような舞台で

ピンクと黒のドレスの美輪さんがシャンソンを唄いました


美輪さんは必ず映像を念力で飛ばしながら唄うので

情景が頭の中にブワーーーーッと浮かんで来て

静かな青い海や枯れ葉の舞い散る道や

夕暮れの港にけむる灯や

酒場の熱気、踊る女の人のドレスの裾や黒い髪など

いろんな映像を沢山見せてもらいました


美輪さんがいつもアンコールで唄う「花」と「愛の讃歌」の他に

何度聞いても最高だと思うのが「ボン・ヴォワヤージュ」と「ミロール」ですが

今回も二部のラストに「ボン・ヴォワヤージュ」を聴けて本当に幸せでした

若い女の子が悪い男に出会ってズタボロになっていくのが

走馬灯のように繰り広げられるのは圧巻です

ラストは溢れる無償の愛に胸が熱くなります


アンコールの「愛の讃歌」は

うちのダンナさんと手に手をとって天国の雲の上の蒼い空へ

羽を生やして(ネグリジェみたいのを着て)

パタパタ飛んで行くのを想像して感動して泣きましたが


よく考えたら縁起でもない想像を…



美輪さんの新刊

お友達とサイン本だーーー!朱印帳だーーー!仏壇に飾れーーー!!

などと大騒ぎして買い求めました


入院したら枕元に置こう。

2010年11月11日木曜日

黴菌ブックカバー

ダンナさんの12月の舞台の稽古が始まりました。

共演者の皆さんと仲良く楽しくやっているようで嬉しいです。

本番中に私は多分赤ちゃんを産みはじめている頃なので

今回の舞台は残念ながら観られません。


「残念だなあ」と言いながら過ごしてはいるのですが

昨日の夜、舞台に行く人に夫が見所を説明している夢を見て

夢の中の自分が泣いて怒って悔しがってうらやましがっていたので

理性を取っ払うと自分は本当はそこまで残念なのか!と

目が覚めてポカーンとしてしまいました


その舞台「黴菌」

の、余分にもらったチラシで

いま読んでる本をカバーしてみました


中身は優しい子育ての本なのですが

横溝正史かなんか読んでるみたいに見えます。


ダンナさんは左下の方に倒れています。


2010年11月5日金曜日

まんがタウン

嫁の名はキリコ

うたいながらお料理の巻!


そういえばこの原稿は

大好きな喫茶店のモンブランを食べながら描きました


まんがタイム

おしえて!!おじいちゃん