2012年5月16日水曜日

おひさしぶりです

ナイロン100℃の「百年の秘密」観て来ました。
素晴らしい舞台でした。

長唄三味線の先生のご子息と漫画の担当さんだった可愛い女子3人とワイワイ。
長唄にも復帰できていませんが漫画も少しも描けずの私。

子育ては大変だけど楽しいです。
毎日が仕事休みのような開放感で一年半が過ぎました。
そろそろまた、と気持ちはあるのだけど
今の時代に自分が何をしたらいいのか
何度も白紙に向かっては何か描いては投げ出し考え込み
そうこうしているうちにレンちゃんが目を覚まし、と
開演前にお茶を飲みながら言い訳をしていました。

そんな風に心のはじっこでいつもフワフワしている焦りとあきらめのような気持ちが
舞台を観て涙を流したあとにひどくハッキリした輪郭を持って迫ってきました。


後悔しない人生を送ろう。

仕事をする時間はまだ捻出出来ていませんが
時々実家の家族がレンちゃんを預かってくれて
映画やお芝居など心の栄養を補給できるのはとても幸せなことです。

夫が留守の間、毎晩なかなか眠らないレンちゃんに日付が変わる頃まで振り回され
太るんだか痩せるんだか鍛えられてんだかなまっていくんだか
目に見えてヨボヨボしている私を家族が気の毒に思ってくれて
そのおかげで充電時間が与えられているわけですが

そう考えると家族が同情する程元気なレンちゃんは
実はものすごく親孝行なのだなと気がつきました
に、しても今年のたんぽぽは長過ぎる。