2015年9月19日土曜日

天地転動

今日はレンちゃんと赤い電車と小さいバスに乗って
「天地転動」ってお芝居を観て来ました!

長谷川義史先生のチラシに心惹かれ
面白い予感しかしなかったので
稲沢市民会館まで観に行きました
やっぱり行って良かったーーーー!面白かった!
作・演出
佃典彦
出演・演奏
愛知児童・青少年舞台芸術協会加盟の人形劇団むすび座、
劇団うりんこ、総合劇集団俳優館、演劇人冒険舎、
クラウンファミリー・プレジャーB、松岡伶子バレエ団、
セントラル愛知交響楽団による合同公演。
それぞれのパワーが融合していて
古事記の物語りにドキドキわくわく
笑いあり、涙あり…
レンちゃんの集中力も途切れる事無く
私の手を時に強くにぎったり
一緒に笑ったり、拍手をしたり
楽しい親子の時間でした!
(最初からもっとお友達誘って大勢で行けば良かったと思いました)
殺陣(っていうんだよね)が
ものすごく迫力あって楽しかったです!

あとは9月21日に関市文化会館大ホールで公演があるそうです!

スサノオと記念写真。アマ照れすレンちゃん

2015年9月13日日曜日

再録情報

ぶんか社「絶品スイーツ倶楽部」(9月16日発売)
に『ぬくもりさん』がちょろっと載っています!

自分の描いたのも懐かしかったのですが
他の漫画も面白くて笑いながら読んでしまいました

390円+税
コンビニなどでお買い求めくださいな〜♪

2015年8月7日金曜日

レンちゃんはじめてのお泊まりキャンプの想い出

残された家族3人、「レンちゃん…今頃どうしてるかな…レンちゃん」
と言いながら過ごした夜でした。

2015年6月8日月曜日

日々。

私の最近の仕事といったら
毎朝早起きに挑んで(目標4時から4時半)茶色っぽい弁当を作る事なのですが
我が家の大黒柱のオットが私の早起きチャレンジに感化されて
お休みにおうちに居る時に私より早起きしてしまうので
専業主婦としての立場が危ういです。



オットは毎日面白いです。
子どもたちも面白いけどオットもネタの宝庫です。


2015年4月27日月曜日

紳士


写真は絵本のお店で表紙が気になり買った児童書
「紳士とオバケ氏」

手に取って一端棚に戻したあと、どうしてもこの紳士の顔が気になり
引き返して胸に抱きレジに一直線で持って行きました。

帰宅してレンちゃんに読み聞かせ。
隅から隅まで心地よい可笑しみに溢れていて
この本に出会ったのを神様に感謝するほど大好きになりました。

よく見たらこの表紙の紳士は主人にそっくり。
どうりで気になった訳だ…

ここの所毎日主人と電話するときは
机の上のこの表紙の顔を見ながら話しています(笑)
実写にするなら紳士とオバケ氏の二役を!



さて、そんな(?)主人のみのすけが50歳になりました!
わーい夫婦で映画館に行くと千円になるんだよね♪

これからも健康で長生きしてね。
一緒に映画、沢山観に行きましょう。

2015年4月25日土曜日

「月映展」 行って来ました!



http://tsukuhae.com/
愛知県美術館「月映展」に朝の10時から行って参りました!
平日の朝一番からほどよく沢山のお客さん
美しい若いお嬢さんが多かったのは
この↓PR効果なのかしら
http://tsukuhae.com/profile/index.html


1914年、三人の美術学生たちが作った
詩と版画の雑誌「月映(つくはえ)」

情熱、知性、ロマンチシズム、リビドー
三人の青春のすべてが切なくて胸が熱くなりました。
素敵な展覧会でした!

それにしても
昔の人は若いうちから本当に大人ですね
往復書簡などを見ても文章も文字も美しく上品で
慎み深く芯が通っていて…
今よりも死を身近で感じていたからでしょうか
(三人のうちの1人、田中恭吉は結核に冒され23歳でこの世を去る)

メールやラインでやりとりする現代の若い子たちは
同世代の人間が書いたものとは思えないんじゃないでしょうか
40過ぎの私だって年下が書いたとは思えなかったんですから…

現代の日本人は本を読み、考え、心の芯を作る時間を
何と引き換えにしてしまったのでしょうね


会場の出口にスタンプが3つありました。
版を押す気持ちよさ…彫りたくなりました…
かなり彫りたい 絶対に彫ります
文化センターでやってるかな版画…

それぞれ好きな作品が色々ありましたが
私は藤森静雄氏の作品にとくにシンパシーを感じるものが多かったです

好きな絵をまた沢山描こうと思います。



2015年3月26日木曜日

赤い椅子

車内

曲がっている

2015年3月9日月曜日

こんな絵やら

以前描かせてもらったヨガのセンセイのおうちの年賀状
背景はインドで!っていうおもしろい依頼でした

主婦の朝がテーマです(笑)

カフェが好きそうな人たちです

なんだか良くわからない絵です。
手前の男性はオットをモデルにしています。


2015年3月1日日曜日

ドアの向こうのお医者さん


腰痛で近所の整形外科でレントゲンとった。
その病院は内科と整形のお医者さんが夫婦でやってて
内科の優しい奥さん先生にはものごころついたときから
風邪ひくとお世話になってきたんだけど
待合室はさんだ隣の整形のご主人は声はよく知っているんだけど
(声がとっても大きくて通るから)
40年近く一度も姿を見た事がなくって
一昨日はじめて姿を見た!!!
40年間声だけの出演の先生の姿をとうとう見た!!
そしたら痩せた小さいかわいいおじいさんだった。
でもうちの母が言う事には
昔は太っていたらしい。
なぜだかわからないけど残念なような気持ちになった。
もっと早く先生の姿を見たかった
と、近くで大きな声を聞きながら思った。

2015年2月8日日曜日

絵を描いています。



描きためるばかりですが